ネガティブ感情がめちゃ重要

ネガティブは悪でポジティブが善みたいな世の中ですが、そんなことはありません。ネガティブがめちゃ重要です。なぜかと言うとネガティブな感情こそ人間を動かす原動力だからです。

嫌い=嫌いな奴と付き合わなくてよくするには?

やりたくない=やらないでもよくなるにはどうするべきか?

働きたくな=働かずにいるためにどうすればいいのか?

負の感情から人間は行動する。決してネガティブは悪いとか思わずに、ネガティブとうまく付き合おう。

嫌いな人は自分と似た人

受け入れがたいですがそうなんです。嫌いな人は自分に似た人です。だからこそ「嫌い」という感情を持たせてくれる人は大切です。どんな時に嫌われているのか、どんな時に好かれているのか。

嫌いな人が勝手に検証しチェックしてくれているんだから、うまく利用しない手はないですね。

妬みの感情を見つめる

妬ましいと思う時。自分は持っていないが相手が持っている状態の時に起こる感情です。だからこそ「妬む」感情を大切にするべきです。

なぜかというと、自分のやりたいことや、したいこと、好きなことが、わからないという人が多過ぎるからです。「妬む」感情にあなたのやりたいことのヒントが埋もれている。

何に妬みの感情が生まれるのか、、、

不安とうまく付き合う

不安=知らないこと

不安の正体は今の自分では知らないこと、理解できないことです。これだけわかれば不安はなくなったも同然じゃないですか?めちゃ重要なこと言ってます。有料級です。やばいです。この題材だけで一回セミナーできるくらいです。

サービスで例を出します。

例えば、山奥で一人取り残されました

Aさんは、山菜の取り方、山での過ごし方、土地勘、どんな動物が出るのか、火おこしかた、などを知っていました。

一方、Bさんはそんな知識は一切ありません。

さて不安で押しつぶされそうで、もうどうにかなっちゃいそうになるのはどちらだと思いますか?

もちろん、何も知らないBさんですよね?!

結論

不安=知らないこと、勉強不足、理解不足

ネガティブな感情はうまく付き合うとめちゃくちゃ自分を成長させてくれる最高のツールです。